オムキムチャア激辛
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
060310MSAW&face to aceライブレポat新潟CLUB JUNK BOX
もう4ヶ月も前のライブなのですが、コレだけは書きたい!と思い続けておりました。ようやく少し余裕が出来たので、頑張って思い出して書きます。そして、冒頭で断っておきたいのですが、敬称略です!愛するがゆえです(笑)!
ライブタイトルは「face to ace LIVE HOUSE TOUR 2006~MASTER PLAN~」。つまり、このライブのメインはface to aceであって、MSAWはオープニングアクトでした。この記事のタイトルがMSAWの方を先にしているのは、アタクシにとってメインだった(はず)為です。(はず)、としたのは、それがある意味ひっくり返った為です(笑)。

遡る事、昨年末の悪魔の復活祭から何時までも興奮冷め遣らぬ寒中。その情報を耳にした時は、何度も訊き直して、信じる迄に10分は掛かった気がする。あまりにも悪魔悪魔と煩いものだから、からかわれているのだと思った。face to aceのオープニングアクトにMSAW。続いて疑ったのは、敏腕プロモーターの仕掛け。事情聴取を繰り返した所で、吐かれる言葉は「俺じゃねぇ!」。どうやら本当に偶然らしい、JUNKがセッティングした運命的な出会いだった。
face to ace。崇拝する聖飢魔IIの構成員だったACE氏と、元GRASS VALLEYの本田海月氏のユニット。ビッグなアーティストのオープニングアクトというだけでもかなりの驚きだったが、またどうしてよりによってface to aceなの!!というのが本音だった。アタクシは、A宗、つまりエース清水の大ファンで、写真の載った書籍等は手袋を使用してそっと触れていた程(こういう所がヲタク気質なのだよね…)、惚れていた。だが、エースの個悪魔活動の曲は、実は昔から性に合わなかった。face to aceになってからも、興味が湧かなかった。フュージョン系が苦手だったのだ。エースはたまらなく好き、だけどface to aceは…という複雑な心境でライブに行く事が、申し訳なかった。自分はMSAWの応援で行くのだ、エースへの恋心(笑)は胸の奥にしまって、私情は出さず二組のライブを客として盛り上げ楽しむ事だけを考えよう、そう言い聞かせる事ばかりしていた。…しかし、それは食わず嫌いだった事に気付かされた。
開場すると、face to aceのファンの方達が勢いよく流れ込む。ステージ前を埋め尽くす方達はface to aceの出番を今から心待ちにしている。耳が肥えているであろうこの方達に、MSAWは受け入れて頂けるだろうか、若干の不安。そして開演。MSAWがステージ上に現れた。最初に挨拶したか、曲をすぐに始めたか、記憶が曖昧だがたしか挨拶を先にしたかと思う。明るい雰囲気を前面に出していた。客席の雰囲気も、ほぐれた印象を受けた。演奏開始(セットリストはMSAWかわら版さんに紹介されておりますのでそちらをどうぞ)。今日のライブは特にKen-Zさんがノっている。“路”が特に、ソロも格好良く決めて、盛り上がった。Masamichiさんはちょっと緊張気味の演奏。でも客席と積極的に話したりして距離をぐっと縮めていて、いい感じだった。face to aceファンの方達もとても暖かく、ライブを盛り上げていたり曲を楽しんでいて、後ろの方から見ていてとても全体が良い雰囲気だった。初めてなのに、いいキャッチボールが出来ていた様に感じた。
そしてface to ace。照明が落ちた瞬間の空気。全体がスッと引き締まる。鳥肌が立った。さっき迄の和やかな雰囲気とは一転、客席はface to aceが出る瞬間を狙う様に構えている。ACEと海月サンがステージに現れ、演奏開始。もの凄い盛り上がり!そして何より驚いたのが、始まってわずかで心に届いてくる演奏。初めて聴く曲なのに、引き込まれ、見入っていた。ああ、これがプロの実力であり、face to aceの魅力なのだ、と僅かな時間で思い知らされ、更に惚れてしまった。ジャンルがどうこうではない、face to aceというアーティストに一気に惚れてしまった。これが、求めていたライヴ。たまらなく快感。
ACEは、ギターよりも歌が中心で、ギターを持たずに踊り歌う時もあって、ギターからギターの音がしない時があって(ギターシンセを使って様々な音を奏でた)、謙虚で、自然体で、、、。お客さんと一緒に楽しんだり、おちゃめな所があったり、というのは知っていたけれど、エースばかり見ていたアタクシにとっては意外な姿ばかりであり期待通りの姿でもあった。6年程前の某ラジオ番組でエースが言っていた「どんな姿でも音楽は真面目にやる。中途半端な事はせず、変な事もとことん真面目に変な事をする。」と云う様な言葉も思い出した。
初めて拝見した海月サンもACEとは絶妙のコンビネーションで、ちょっとおちゃめな所も魅力的な人だった。前日がACEの誕生日だったこの日、海月サンからACEへプレゼントが。缶入りの乾パン。そのラベルはまるで宇宙人か怪獣かが地球を攻め入っているかの様なイラスト。人間が必死に逃げ回っている。そんな非常事態には是非携帯を、ってそんな非常事態あるんかい、ってなACEのツッコミ。そんな物を見つけてくる海月サンのセンスもイイ。
MCではこのツアーでの出来事と共に、MSAWの話題も沢山出して下さっていた。決して上から見て言う訳でも無い。けれど、face to aceが口にする事で皆が関心を持ってくれる。普通、メインのアーティストは「今日は俺達の為に来てくれてありがとう」と言うが、face to aceは一緒に参加したアーティストも立てる。その知名度を生かしていながら、謙虚であるface to aceに、とても頭が下がった。
あまりにも良い雰囲気で楽しいライヴに、客席は何度も「アンコール!」と声を上げた。2回目だったか3回目だったか忘れてしまったが、それはもう明らかに時間がオーバーしていて出来ない筈なのに、客席は止まなかった。ステージに二人が出てきてくれた時は本当に嬉しかった。
まだお客さんの残る終演後、ステージでは二人が自ら機材を片付けていた。その姿に、私は全く違和感を感じなかった。そんな姿を悪く言う人も居るかもしれない。だが、face to aceはそんな姿も含めて、自然体のface to aceを見て欲しいのではないのだろうかと思った。そんな名刺配りの旅に、face to aceはきっと多くの収穫が有ったに違いない。そのface to aceと出会えたMSAWにも、順々にでも良いから、多くの収穫が有ります様に。
スポンサーサイト
【2006/07/09 20:42】 音楽;MSAW | トラックバック(-) | コメント(-) |
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CATEGORY
  • このサイトを始めるにあたって。 (1)
  • 日記 (49)
  • 音楽;MSAW (18)
  • 音楽;花団 (1)
  • 音楽;エイトヤマザキ (1)
  • 音楽;伝承歌劇団 (1)
  • 音楽;その他ライブなど (9)
  • 写真 (3)
  • 食べものレポ (5)
  • 未分類 (1)
  • PROFILE
    ぺとり
  • Author:ぺとり
  • 日記や好きな音楽や撮りためた写真など。

    このサイトの全ての画像の無断転載を禁じます。

    出会い系やアダルトサイトなど、当サイトに相応しくないと判断されたものは、管理人権限にて勝手ながら削除させて頂きます。ご了承下さい。
  • RSS
  • LINKS
  • MSAW
  • MSAWかわら版
  • マイクロニクル
  • バーレスクエンジン
  • タテタカコ
  • カミナリグモ
  • Goggle-A
  • デリシャスウィートス
  • 花団
  • 伝承歌劇団
  • 最鋭輝
  • エイトヤマザキ
  • エスキィス
  • 状況が作る部屋
  • 今日も赤猫踏んじゃった?!
  • Afrodesia
  • RUMBULLION
  • RECENT ENTRIES
  • 3月のまとめ(03/28)
  • 2月のまとめ(02/28)
  • ごぶさたです(11/29)
  • あとはトぶだけ(10/11)
  • ネギと粉(09/23)
  • (09/20)
  • 便乗ネタ(09/12)
  • てをあわせてください(09/07)
  • もじゃ(08/29)
  • みみにみず(08/22)
  • とり急ぎ更新。(08/16)
  • たまには休みたかったみたい(07/31)
  • 丑三つ時にツイスト(07/27)
  • 060310MSAW&face to aceライブレポat新潟CLUB JUNK BOX(07/09)
  • オススメのまずいラーメン(07/09)
  • どやレポ(07/09)
  • みぎーて ひだーりて(07/07)
  • らうんじ(06/29)
  • 久し振りに起き上がってみます(05/26)
  • ~~~(T△T)(04/30)
  • とりいそぎごほうこく(03/24)
  • (02/14)
  • (02/12)
  • おわび(01/30)
  • 指フェチのゆえん(01/24)
  • ライヴ に いきたい(01/24)
  • 大寒(01/20)
  • わはは!(01/16)
  • いまさらですがあけおめです(01/07)
  • 聖飢魔II 恐怖の復活祭 FINAL(12/26)
  • RECENT COMMENTS
  • ぺとり(03/07)
  • 赤猫トム(03/06)
  • 被害者(02/21)
  • ぺとり(10/11)
  • 塾のセンセ(10/11)
  • ぺとり(09/23)
  • しおん(09/23)
  • ぺとり(09/16)
  • しお(09/14)
  • しおん(09/08)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/travel:須坂市動物園(長野県)(12/23)
  • 今日も赤猫踏んじゃった?!:「長野JUNKBOX」ライヴ(11/30)
  • オムキムチャア激辛:スーパーネオンホール'05 summer つづき、一日目。(07/31)
  • オムキムチャア激辛:スーパーネオンホール'05 summer(07/31)
  • オムキムチャア激辛:スーパーネオンホール'05 summer(07/31)
  • オムキムチャア激辛:スーパーネオンホール'05 summer つづき、二日目。(07/31)
  • オムキムチャア激辛:スーパーネオンホール'05 summer つづき、二日目。(07/31)
  • オムキムチャア激辛:スーパーネオンホール'05 summer つづき、一日目。(07/31)
  • オムキムチャア激辛:覚え書き。7/14ライブ「KISS NIGHT!」(07/19)
  • オムキムチャア激辛:「KISS NIGHT!」長野CLUB JUNK BOX;MSAWライブ(07/19)
  • ARCHIVES
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (4)
  • 2006年08月 (3)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (2)
  • 2005年09月 (4)
  • 2005年08月 (8)
  • 2005年07月 (10)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (18)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。